移動式太陽光発電機「おでんき」

新潟日報の4/22の記事で、長岡市の長岡工業高校の卒業生さん方が作った太陽光発電装置について触れられています。

おでんき

おでんき


引用:太陽光発電で桜に照明-長岡工高
被災時に電気を使えるようにと、今春卒業した電気科の生徒5人が09年度、ソーラーパネルによる発電装置を開発。移動しやすくするため、リヤカーに屋根を付けた屋台型に工夫した。おでん屋さんのような外見と電気とを掛けて「おでんき」と名付けられた。
日中にバッテリーに蓄えた電気で、60ワットのライト4個を輝かせ、東門にある大木の桜1本を照らす。

何度か取材に行ったものの、残念ながら現物を拝むことはできなかった「おでんき」。長岡工業高校のお近くにお住まいの方がおられましたら、ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか。


コメントを書き込む